炊き込みご飯を毎日食べたい。そして山に登りたい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
山に登ろうと思ったら雨だった・・・・


一緒に登るはずだったSUUと登山用品を見るのにお店めぐり。

あーでもないこーでもないってなんだかんだ3軒はしご。



まずはこちらのお店に
 
  →WILD-1


こちらのお店はアウトドア系の小物が充実していて
めっちゃテンションがあがるー!


どこで前から欲しかったこちらを購入




これはコーヒードリッパーで
バネになっていてとってもコンパクト。

こんなふうにカップにセットしてペーペーフィルターをセットし
珈琲をいれるわけですね。

CIMG2414.jpg

コンパクトにしまえてケース付き
CIMG2415.jpg



早くこれ使って山頂で珈琲飲みたいぃ~~~~!


そんで!


もって!


なんだか店員ばりのオススメモードなSUUに乗せられ




買ってしまったNEWザック



その後ネットで見たらネットの方がお安かったことが判明(涙)


まぁいいや。
気に入ったんだもん。


チャレンジカラー


それはなんとホワイト!
CIMG2408.jpg



チャレンジャー

普段だったら絶対黒とか紺とかなのに。


山ガール


恐るべし
スポンサーサイト
2012.03.25 / Top↑
さて。
先週の木曜日前日急に思い立ち
珍しく早く起きて山に登ってきました。

前回の登山から1ヶ月も空いてしまい

出来ればその前にって思っていたのですが、なんだか天気やらなんやら。
週末に夫婦揃ってって感じで山に登ることが出来ないので
(老犬が居るのでね、長い留守番が難しいので)

基本別々に行くことにしています。


ちなみにダンナハンは最近はロッククライミングなどをしだして
いったい彼はどこへ向かっているの?という感じになっております。



まぁそんな奴の話はいいや。


さて、今回は車で行ってみました。
筑波山行くまでの電車やらバスやらの交通費を考えると
車の方が気軽な気がしまして。


今回の駐車場は市営第3駐車場に停めました。


前回自分の登山ファッションを写真に撮れなかったのが
結構心残りだった乙女な私は

今回はちゃんと写真に収めました
駐車場のトイレで(笑)

CIMG2101.jpg


この間買ったFJALLRAVENのジャケットデビューです。
やっぱりカワイイ・・・


帽子のかぶり方失敗か・・・・・もうちょい深くかぶらないと変ね。

登るのに帽子が必要かそうでないかはその人個人によって違う気がします。
友人のSUUは「髪がぺったんこになるからかぶらない」って言って
イヤーウォームのみだったし、
登山ともになった白さんは「寒いのでかぶる」と言ってました。

私は前髪がうろうろするのがイライラするので
かぶったほうがすっきりするかも。

前回はかぶらなかったけど、今回はかぶってみました。


ちなみにこの形の帽子が好きです。
楽天の検索ではワークキャップで検索すると沢山出てきます。


帽子マニアな私は
山に登るというだけでアホみたいに帽子を買ってしまいました。。。


でも気に入るのは少ないのよね~



さて
今回は前回のおさらい登山。
なので前回と同じ白雲橋コース
CIMG2103.jpg


この鳥居をくぐって出発です

CIMG2104.jpg


あとは

ひたすら淡々と登るのです

CIMG2105.jpg



最初のお知らせ

CIMG2106.jpg


2400mという文字に早くも心が折れる初心者



それにしても、この樹木の美しさを
デジカメで表現するのは難しいなぁ。
CIMG2107.jpg


前回みたいにアイゼンもってきていない分
かなり軽いので持ってきてもヨカッタのかな。



さて早速道が分かれます
CIMG2110.jpg

迎場コース。
実は結構気になってるんですよね。

つつじヶ丘に向かってそこからロープエェイ沿いに女体山に向かうコース。
これってロングコースなのかな?  参考資料
どうなんだろ?
こっち今度登りたいなぁ。。。。



心を残しながらもこちらを登ります
CIMG2111.jpg


淡々

CIMG2113.jpg



淡々 淡々

CIMG2112.jpg



そしてたどり着いた最初のスポット

CIMG2114.jpg



しばらく待っても白蛇は現れませんでした。
私は貧乏のままのようです。



気がつけばあと1600m
CIMG2115.jpg

ここまでのペースはかなりゆっくりです。
無理しない

これが一番だと先輩に教わりました(笑)


岩をがしがし淡々と登ります

CIMG2119.jpg



淡々

CIMG2121.jpg



登ってるときって何を考えているのか?みんな何を考えているんだろう。

私はひたすらこの登山をブログに書くときに
どんな文章にするかとか考えてました(笑)
つまらない女だわ。



ここまで来たぞ(でもここからがキツかったりする)
 
CIMG2143.jpg



この頃から少しずつ登ってる人にも会いました。
山って不思議ね。
人見知り&人間嫌いな私が結構フレンドリーに話してしまう(笑)


やっぱりかっこいいのは一人でさっさと登ってるご年配。
聞けば何十年も登ってるとか
凄いよね~

しかもとっても軽装備。かないません。




この頃訪れるとっても嬉しい
少しの平坦
CIMG2144.jpg



なんかこぼれ日っていいよね
CIMG2145.jpg



この頃から雪がちらほら残ってます

CIMG2149.jpg


1000mきった!頑張れ私!
CIMG2153.jpg



見晴らしのいい休憩スポット
ここでちょっと栄養補給をしたりする。
CIMG2157.jpg


もちろんここまでの間にかなり給水はしてます。



結構登ったなぁって気持ちになるね。
CIMG2158.jpg



この後にある大きな切り株
多分台風かなにかで折れちゃったんだと思うんだけど

とっても樹齢が高い木だったのが分かりやすく記してある

CIMG2160.jpg

CIMG2162.jpg

CIMG2163.jpg

ペリーって(笑)
すげー


このあたりから大きな岩の道が結構多くあります。
CIMG2166.jpg


弁慶岩

CIMG2165.jpg




これは何の写真だろ?
ただここを登る~~ってことで撮ったのかしら?

CIMG2168.jpg


またまたでかい岩

CIMG2172.jpg



これは陰陽石
CIMG2171.jpg




さて、



女体山までもう少しです
CIMG2173.jpg



はぁー
随分登ったなぁ
CIMG2180.jpg


ってここでまたしても悪夢再来

デジカメ電池切れ・・・・・・
充電していったのに、なんで山だとこんなに早く電池がなくなるのでしょうか?


ここから山頂前にあるきつめの岩場とか撮りたかったのになぁ

ということで
女体山山頂に到着


まぁとりあえず、
女体山山頂を携帯カメラでパチリ。
20120315-2.jpg

もっと先っちょで撮りたかったんだけ
岩場先っちょ弾ける10代達がいたので遠慮して見た。

若いっていいわね。そんな薄着で寒くないのかな。





今回は暖かくなったからか
学生とかご年配の団体とか
山頂は結構な賑わいでした。

平日でこれなら週末はもっとすごいのかな。



男体山山頂にも上り
ここまででトータル2時間半ぐらいかな

山頂の茶屋でお昼
お昼はこの間食べれなかった名物「つくばうどん」
20120316-3.jpg

けんちんうどんって感じかな。
900円は高いか安いか。

でも山頂でこの暖かいうどんは命の泉だわ。
ちょっと濃い目の味も汗をかいた体に染み渡って
かなり美味しかったです。




少しまったりしてから、

“あああ~~珈琲もって来ればよかった”と激しく後悔し
下山。


下山はこちらのコース
20120315-5.jpg



下山は1時間半ぐらい。

こちらのコースの方が人気があるのか人も多いです。
降りていくと沢山の方が声をかけてくれます。

でも白雲コースを2回登って思ったけど
登って楽しいのは白雲コースかも。

辛い急な登りもあるけど開けた休憩スポットもあって
風景を楽しめるしモチベーションが保てる感じ


御幸ヶ原コースは上りやすい道だけど単調で結構きつい気がする。

でも次回は御幸ヶ原コースから登るということになりました。

登ったら感想も変わるかな?


といことで今週また登りに行きます~。


今度は前日準備もUPできれば。



登山ってはまる人とはまらない人が居ると思うんだけど
何が楽しいのか?って聞かれます。


それぞれみんなはまった理由は違うと思う。


自然の美しさがいいという方も居るし、
空気の透明感とかがいいという方も
高いところに立つのがたまらない!って人とか


そういえば小さい時から暇だったり気が滅入ると
一人で山に登ってた。
私の中の頂上は大きな鉄塔

小学生が1時間かからないで登れる山だけど
今思えば危ないね、誰にも言わないで登ってたんだから(笑)


なので私の登山理由は「懐かしさ」
田舎に帰った気がするんですよね。

でもそれより何より、みんなこれが理由じゃないかな


達成感

絶対これでしょ。



もっと高い山に登りたいなぁ。
体力極限ぐらいの。


まぁ



お前にはまだ早い(笑)
2012.03.19 / Top↑
あー
いいね

今日はいいね。



寒くてカラッカラに乾いた風が吹いている。
こんな日は絶対干し野菜

DSC_0112-1.jpg



カラッカラ~~に乾いております。

DSC_0114-1.jpg


今日は煮物。
ポトフにしてもいいんだけどね。炊き込みご飯が和風なので煮物。


私は軽くごま油で野菜を焼いてから煮ます。

DSC_0132.jpg
ニンジン焦げちゃったけど・・・・


でもって大好物練り物と一緒に煮るのが好き。(いい味が出るのですよ)

DSC_0136.jpg


あ、煮物も煮魚もフライパンがやりやすいですよ。
汁が全体に満遍なく行き届く感じで。


ペーパータオルで落し蓋をして20分ぐらい弱火で煮込みます。

DSC_0140.jpg




干したので水分が抜けているので火の通りが早く
味もしみこみやすくなるので、
長く煮込まなくても長く煮込んだ煮物みたいになります。
 ニンジン焦げちゃったけど・・・・



・・・って
そんなこと知ってるわっ!

って突っ込まれそうですが、料理初心者の友人のためのレシピなので
知ったかぶってるのではないのです。
ご理解を。




さて、今日の炊き込みご飯の準備です。


なぜ煮物を作ってからご飯なの?って言うとですね、
煮物って煮込んでから火を止め冷ますことでより味がしみるんですよね。
なので早めに作っておきます。



ベビーホタテって安いので大好き!
見かけると結構必ず買っちゃいます(自称:貝愛好会会長)


半分はオリーブオイルとニンニクで焼いて塩コショウで頂き、
残ったのは甘辛の味付けで煮込んでおきました。


お酒・みりん・砂糖・醤油・生姜みじん切り・水
DSC_0122.jpg


量は適当。
お酒40ml・みりん30・砂糖大さじ2・醤油30ぐらいかな。(適用なので少しずつ足してね)
少々濃くても大丈夫です。
面倒ならめんつゆ使っちゃってください。


で汁がたとえばご飯の水分より少なかった場合

  (このお米は2合半)
DSC_0123.jpg

醤油を少し足してお水を加えてください。


そんでもって水分をちゃんと合わせてからホタテを入れます
(細かいのは生姜です)
DSC_0126.jpg


そんでもって炊飯。


その間に細かく千切りした生姜を用意
炊き上がってすぐこの生姜を入れてから蒸らします。


DSC_0142.jpg



おこげもばっちり。15分ほど蒸らしたら出来上がり
DSC_0150.jpg





ベビーホタテの炊き込みご飯
DSC_0178.jpg



煮物もばっちりいい感じに。

DSC_0162.jpg





今日のメニュー


  ・ベビーホタテの炊き込みご飯
  ・新たまねぎと小松菜のお味噌汁
  ・煮物
  ・枝豆てんぷらの素焼き


DSC_0168.jpg


味噌汁の出汁をとったいりこは美味しいので半分は具としてそのままです。
残りは犬のご飯になります。




ベビーホタテはカレー粉とバターで炒め、
塩コショウを濃い目にしてご飯に入れて炊けば
ぺビーホタテのカレーピラフとかも美味しいです。


お試しください。






2012.03.13 / Top↑
キムチ鍋の残った汁っていい出汁が出ていて捨てるのがもったいないよね。
最後にシメでうどんとかご飯でおじやとかするのが一番。

でも今回うどんを食べてもかなり汁が余ったので


うーんと悩み。

キムチ鍋の汁でご飯を炊いてみた。



そんでもって、炊き上がったご飯にお肉を焼いて焼肉のタレで味をつけ
目玉焼きをのせてみた。

DSC_0036.jpg


お肉は犬ご飯用に買っていたハツと
前日の鍋の残りの豚肉

定番の彩り載せ野菜はカブの葉をごま油でさっと炒め軽く塩をしたもの。





今日のメニュー

 ・キムチご飯お肉と目玉焼きのせ
 ・キャベツの生姜サラダ、ごま油風味
 ・カブの味噌汁(葉入り)
 ・煮干の佃煮

DSC_0039.jpg



出汁をとった煮干は絶対捨てません(当たり前よね)
そのまま具として煮物にしたり

でも佃煮が一番おいししかも。

DSC_0042.jpg


砂糖みりん酒、醤油で甘辛に煮るだけ。
砂糖のとろみが出ればいいので強火でささっと作っちゃいます。


頂いた黒豆まっこりによく合う~~

DSC_0056-1.jpg



今日もまた、


酒が進んでしまうのであった。


2012.03.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。